仕様所感

【ぶっちゃけ】APW430は絶対に結露しないのか

window sash

おはようございます。


今年の2月は例年よりも冷え込んでいる気がします。


本当に寒いのか、自分が歳を取ったのか。


家の中にいると暖かいがゆえに温度差を感じるのか。


そんなことを「ぼーっと」考える時間も意外と好き。


さて、今回は

APW430は「絶対に」結露しないのか


について書きます。


勘のいい方ならこのタイトルだけでお察しかと。


そう、「絶対」とか付いたらその逆になりますよね。


マークシート形式で消去法をする場合、完全否定系はラッキー問題です。

【総決算】注文住宅を建てるうえで大切にした3つのポイント注文住宅を建てるうえで大切にしたポイントを3つご紹介。皆さまの家づくりが後悔のないものとなりますように。...

結論:結露する時もある

では早速結論から。

状況によっては結露します。


まぁそりゃそうですよね。


どんな状況か、は後述します。


まず「結露」ってどんな時に起きるのか。

①空気が冷えて飽和水蒸気量が小さくなる
②空気が含んでいる水蒸気量>飽和水蒸気量
③水蒸気が液化(凝縮)
④窓ガラスやグラスなどの表面に現れる

いや、ムズい。


私も完全には理解してませんが、おそらく

  • 室内外の気温差
  • 湿度の高低差
  • 空気の循環具合


これらによって引き起こされます。

我が家で発生した状況

我が家でも何度か結露が発生しました。


ただ、旧宅(分譲MS)に比べるとその頻度は雲泥の差。


ほとんど発生しないと言ってもいいです。


なぜか。

APW430

だから。


抽象的すぎますね。


APW430とはYKKAPさんの商品で、


トリプルガラス&樹脂サッシ


熱貫流率が低く、高性能住宅向きと言われています。

【YとL】樹脂サッシと複合サッシで揺れ動いた3ヶ月。後悔しないために。~サーモスXとAPW430~複合サッシで契約後に樹脂サッシに変更した事の顛末をご紹介。サッシで悩んでいる方に見てほしいです。...

全窓をAPW430にしても、


寝室(8畳ほど)で

・暖房稼働
・加湿器ガンガン
・サーキュレーター不使用


で眠りにつくと、何度か窓が結露してました。

寝室以外では結露しないので本当に優秀。

他の商品事例はないのか

ここまで書いていて、ふと


他の商品を使用されている方の体験談


について、非常に興味が出てきました。


元々、当ブログでは家づくりをされる方にとって


「知らなかった」を減らしたい!


というテーマでやっております。


そのため、結露について書いている記事ないかなと探していました。

サーモスⅡに関する記事

すると、こんな記事を発見!


サーモスⅡに関する記事です。


えらこさんという方が執筆されているようで、快く掲載の許可をいただきました。

ここには、


結露発生のうんぬんだけではなく、サッシの隙間について画像付きで書かれています。


ぜひサーモスの窓を検討している方はチェックしてくださいね。

結露と向き合う

話は変わり、結露って何でしょうね。


発見した時の「あちゃ~」感。


これから夏になります。


冬型結露よりも、夏型結露の方が気になる今日この頃。


性能の良い家にしようと、高気密高断熱にばかり目を向けがちですが、絶対湿度を意識したバランスのよい家も大切。


そんな我が家は、残念ながら夏型結露に弱い気がしています。


ほんと、家づくりって難しいですね。

【?】夏型結露と冬型結露。夏型結露を防ぐ対策とは工事着工後に夏型結露について知った施主が、同じ道を歩む人がいないように「夏型結露」をざっくり解説しています。...

まとめという名の呟き

  • おはよう!今朝結露してたで。
  • 朝一で、この一言はしんどい
  • そんなことで夫婦喧嘩もした。
  • しょうもなすぎて笑えるけど、
  • それほど結露に神経質だった。
  • けど果たしてそれがいいのか
  • これから家づくりをする人へ
  • 結露しない家を目指すことは
  • 全然いいと思うけど入居後は
  • 仮に発生しても向き合い方を
  • 考えた方が良いと思います。
  • 結露が躯体に及ぼす悪影響も
  • あるかもしれないけれども、
  • 気にしすぎるのも体に毒よ。